So-net無料ブログ作成

第18,19号のビス及びリベットの六角への置換 [改造(本体台枠関連) 上記外]

So-netのメンテナンスの影響で早朝のアップが出来ず、今の時間となりましたこと、ご了承下さい。

前回の書き込みの通り、18,19号のビスやリベットは全て六角に入替ます、基本は珊瑚模型製の
薄六角ビスに交換しますが、一部は精密六角ビスを購入し使用しました。

DeAGOからのパーツはM2のナベビスとなっていますが、どうも拘り始めると、これが良くない(笑)
横浜のD51516と比較してしまい、ビスやリベットの六角化と言う事になりました。
参考に主台枠後部の実機(D51516)の写真をご覧ください、全ての取付が六角ボルトである事が
判るかと思います。
DSC08339.jpg
さて能書きはこの辺で、作業にかかります。

・前膨張受けのビスの交換
ここはM2の5mmのナベビスを基本製作編では使用していますが、ここに対辺3mmの精密六角
ビスを使用します。
珊瑚製のビスを使いたい所ですが、寸足らずで使用出来ないので、やむなくこのビスを使用
しました。
ただ、このビスは入手にかなり苦労しました、HC等を何件も物色したのですが見つからず
ネットで何とか探し当てたライブスチームの模型屋さんから通販で購入しました。
DSC08687.jpg
ビスは前膨張受け付近の片側で12本(5mmが9本、2mmが3本)をこのビスに交換しています。
2mmの部分に使うビスはかなり後ろに飛び出してしまいますが良しとしました。

・後エンド・ビームのビスの交換
後エンド・ビームは珊瑚模型の薄型六角ビス(No.15-5 1,470円 24本入り)を使用しています。
このビスは珊瑚模型のビスはC62の時から使用している物でロストワックス製のビス(まるで
ブドウの房みたいな形です)でランナーから切り出して、塗装をしてから使用します。
(take-yさんの情報で、20本入りビス(ビスはバラ状態)が1,050円で販売されてるようです。)
DSC08688.jpg
ただし珊瑚模型製のビスですが専用のレンチ(No.15-6 220円)が必要です、これをピンバイス
等に付けてビス締めを行います。
DSC08703a.jpg

リベットの交換ですが、模型上の後エンド・ビームの取付部分のビスと、その脇のDeAGOだと
リベットで表現されている部分は、実機では同じサイズのボルトになっています。なので珊瑚
模型のビスを使う事に決めました。
(写真左側にあるのが後ハリで主台枠後部の左端の部分全て同一サイズのボルトである事が
判ります)
DSC08395.jpg

・ダミーのボルトより薄六角ビスは、ちょっと大きい
主台枠前部のリベット交換に使用したダミーボルトより対辺で0.4mm程大きく、2.5mmの
大きさとなります。
先の基本製作編で書いたように、後エンド・ビームの取付用ビスに、この珊瑚製のビスを
使用していますから、大きさ自体を合わす必要もあるのと、それほど違和感がない事から
使用しています。
DSC08706.jpg

・タップ立てする前に穴を拡大する
2mmのネジ穴(タップ立て)をするためには、そのままの穴径では小さいのでタップを切る
大きさに穴をを空ける必要があります、1.6mmのドリルでリベットを植えたところの穴を拡大
していきます。

・タップを立てる
くれぐれも、オイルは付けて作業して下さいネ。細いタップなのでいつ噛むか判りません。(T-T)
タップの立て方ですが、軽く穴に面取りしてから、こまめに正転/逆転を繰り返しながら
タップを立てていきます。一気にやると噛みますよ(最悪タップが折れる)
タップ切りはタップハンドルを使うと良いでしょうが、慣れてくれば速度調整機能付きの電動
ドライバーでも出来るようになります。

・主台枠後板の洗浄
「脱脂」と書きたいのですが、自分の手もオイルだらけな所も有り、手洗いついでに加工した
パーツも石けんで洗ってしまいます。
アルコールで拭き取るだけでなく、これも脱脂です、応用編で細かなパーツの脱脂は、蓋が
出来る瓶に中性洗剤少しと水(洗浄液を作る)、パーツを入れて蓋を閉め、瓶を振るだけで
簡単に脱脂出来ます。
取出して水洗いすればOKです。洗浄後は水気を十分取り、ドライヤーで乾燥させます。

・後はビスを止めるだけ
かなりの本数があります、振動で緩むことを心配するなら裏に瞬間接着剤をちょっと付けると
良いと思います。

こんな感じで入替が出来ました、施工前と施工後の写真です、全然違うでしょ!!
下段に拡大写真付けておきます。
DSC08693a.jpg
DSC08700.jpg
DSC08701.jpg
なお、リベット部分のビスは、裏側に飛び出した部分をニッパでカットしヤスリがけして
出っ張りを少なくし、セミグロスブラック(半艶黒)でタッチアップしています。
ちなみに、この珊瑚模型製のビスですがリベット交換に38本、後ハリ固定用に8本の
計46本を消費しています、ご参考に^^;(メッチャ多いよね・・・)

短時間(基本編から考えると丸1日ですが^^;)ですが、これで終了とします。
これ、基本組立後にやっていたんですが、改造編をごちゃ混ぜに書くのも行かず、日を
改めてのアップとなりました、ご了承下さい。
本日、これにて休工。

nice!(29)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 29

コメント 17

suzuran6

Nではポチッと何か付いていれば満足ですが、大きなD51では気になる所ですね。
大きいと妥協はできなく、作業的には小さい部分があり大変そうですが、その反面楽しそうでもあります。
by suzuran6 (2012-05-23 12:48) 

kinkin

>suzuran6さん
こんにちは、いつもご覧頂きありがとうございます。
大きいと何処を省略するのか、悩むところですね・・・ある程度妥協しちゃってますが^^;
by kinkin (2012-05-23 13:07) 

david

今日の部分も細かい作業があるようですね、僕だったら根気が続かないなあ。
by david (2012-05-23 14:15) 

まー坊

本当に本格的で凄いです!
進捗状況が毎回楽しみです^^;
by まー坊 (2012-05-23 14:31) 

YUTAじい

こんにちは。
前作「C62」と比べてパーツの交換多くなりそうですか、費用も馬鹿になりませんが、こだわって下さい!
by YUTAじい (2012-05-23 14:54) 

Tom2

2mmの6角ボルトは大量に必要な感じですね。 珊瑚模型の部品は結構購入しましたがロストワックスの為に余りテンションがかけられません。 出来たら機械加工されたボルトが欲しいですよね。
by Tom2 (2012-05-23 15:03) 

take-y

kinkinさんこんにちは!

やっぱ全部ボルトになると見栄えがいいですよね(*^_^*)

それと珊瑚製ボルトについて補足情報で私のブログにもレスで書きましたがすが 私の購入したものは挽き物加工になっており ロストワックスだった旧仕様より強度アップしているようです(*^_^*)
by take-y (2012-05-23 18:38) 

takeーy

あと 記事のお写真で気がついたんですが、ボルトの品番 kinkinさんが購入されたものは15ー5 ですが先日私が購入したものは15ー5B と品番がちがいますね(^-^;。これは仕様変更があって品番も変わったんではないかと
by takeーy (2012-05-23 20:08) 

kinkin

>davidさん
こんばんは、いつもご覧頂きありがとうございます。
好きこそ何とかって・・・・やつですよ、そもそも小生飽きっぽい達ですから^^;

> まー坊さん
こんばんは、いつもご覧頂きありがとうございます。
ご期待に添えるように、製作続けていきますね、ヨロシクです!!

>YUTAじいさん
こんばんは、いつもご覧頂きありがとうございます。
痛いところを突かれました、ビスって結構値が張るんですよ、かけ算すると・・・
恐ろしや^^;

>Tom2さん
こんばんは、いつもご覧頂きありがとうございます。
自分もLWだと強度的に気になります、take-yさんの情報の通り、挽き物のビスが
出ているようなので、多少は強度的に良くなっているのでしょうかね。
挽き物のなのにLW製より安いってどう言う事?

>take-yさん
こんばんは、いつもご覧頂きありがとうございます。
挽き物ですか、では買い直して交換するかな・・・・、多分現状のままだと吊りリンクが
ビスと干渉する感じがしています^^;

by kinkin (2012-05-23 20:21) 

kinkin

>take-yさん
品番違いは確認していますよ、挽き物なのにLWより安いのですから、これに換えない
手はないですね、今度の月曜にお店に行ってみます。
ダミーボルトは逆に挽き物からLWに切り替えています。
by kinkin (2012-05-23 20:26) 

take-y

価格が安くなった件はたぶん LW=手造り から機械加工 つまりは機械を使って量が作るようになったせいじゃないんでしょうか?

 ある程度の数の需要が見込めるなら その方が安くできますから(^_^;)
by take-y (2012-05-23 20:42) 

kinkin

>take-yさん
ある程度大きいからNCで全てやっているのかな、ダミーはどうやら手削りだったみたい。
by kinkin (2012-05-24 05:14) 

takeーy

kinkinさんの記事を見てリベットのダミーボルト化に挑んでみようと思ったのですが 全部新仕様だと切断加工が必要な部位については固いのが逆に仇になりそうですね(-_-;) ダミーとしては旧仕様のほうが良さそうなんですが 廃盤でしょうか?(-_-;)
by takeーy (2012-05-24 09:00) 

kinkin

>takeーyさん
まだ売っているとは思いますが確認は必要でしょうね。
でも、新しい方のビスも焼き鈍しすれば簡単に切断できると思いますよ、配管に使う
真鍮線ですがちょっと太めの物は必ず焼き鈍ししてから曲げると結構鋭角にも
曲がるものです。要は軟らかくなったので加工が出来る訳ですから、同様にビスも
焼き鈍しすれば、強度は落ちるでしょうが、加工はし易くなります。
リベットの代わりに使うのですから、強度は考えなくても良いでしょうし。
by kinkin (2012-05-24 13:07) 

david

ご訪問有難う、今日は曇り空です。
by david (2012-05-25 10:15) 

けんざえもん

こんにちは、このボルトは動輪舎さんの製品でしょうか?
M2規格の六角ボルトの頭では、スケールが違ってしまうので
使用を躊躇してたのですが、十分かっこよく、+ねじより
断然いいので、私も発注しました。

アドラーズネストさんってところに、M1六角ビスとM2
アダプターがでています。飾り部分に使うといいかと思って
ます
by けんざえもん (2012-05-25 11:25) 

kinkin

>davidさん
こんにちは、こちらこそ、いつもご覧頂きありがとうございます。
東京も曇り空で先ほどはパラッと雨が降ってきました、これ以上崩れなければ
良いんですが・・・・

>けんざえもんさん
こんにちは、いつもご覧頂きありがとうございます。
ご察しの通り、動輪舎さんのビスです^^;手持ちの珊瑚模型のビスが寸足らず
だったので、このビスを購入を購入しましたが、take-yさんの情報の通り新しい
タイプのビスが販売されているようなので、再度そちらに交換しようと思います。
アトラーズネストのビスあれ良いですね、使い出したら止まらなそうで恐いです^^;

by kinkin (2012-05-25 13:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。